ダクト火災について

先日、京都にてダクト火災が発生いたしました。
排気ダクトの油汚れを清掃するために、お店の人(従業員)
が硬くなった汚れ油を熱源(バーナーなど)によって柔らかくして
除去作業中に火災になってしまいました。

ダクト内に付着している硬くなった汚れ油は、熱源によって柔らかくなり、溶けて導火線になり
引火に繋がりました。火事が起こるのも大変ですが、起きてからの方が大変です。
火災が起きてからの費用より、定期的なメンテナンス費用の方が掛かりません。
火事が起こらないことが全てです。

 

ダクト清掃で気を付ける事
・専門業者に話を聞く

・ダクト内の油は引火する
・定期的に清掃メンテナンスする
・消防検査、防火管理者の指摘指導を受ける

 

弊社では、焼肉店、飲食店を専門的にダクト清掃メンテナンスなどを行っています。
繁盛店、有名店だからこそ定期的なメンテナンスが必要となってきます。
末永く創る店づくりにご協力致します。

何かありましたらご連絡、ご相談などお気軽にして下さい。

<<お問合せ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です